にしじま整骨院ブログ
 

テニス肘

  • 2018年10月19日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは。

羽曳野市 島泉のにしじま整骨院です。

スポーツの秋で運動をされている方も多いかと思います。

その中で今日は「テニス肘」という症状のお話をしていこうと思います。

テニス肘とは?

テニスをやっている方に多い症状なのでテニス肘と呼ばれていますが、実はテニスをしていなくてもテニス肘になる事があります。

テニス肘の痛みの場所は肘の外側です。専門用語でいうと「外側上顆」という場所に炎症が起こり痛みが強く出てきます。

なぜ外側がテニス肘?

テニスをやられた方はご存知かと思いますがテニスのラケットの握り方には「フォアハンド」「バックハンド」の2種類があります。

この2つは腕の振り方が全く逆になる為、肘にかかる負担も違ってきます。

・フォアハンド→肘の内側へ負担

・バックハンド→肘の外側へ負担

テニスで肘を痛めるケースは「バックハンド」の方が「フォアハンド」よりも圧倒的に多いため、肘の外側の痛みの事を「テニス肘」と呼んでいます。

テニス肘になる原因は?

テニス肘の場所は肘の「外側上顆」というところが筋肉に引っ張られて炎症が起きています。

その原因はバックハンドの時に手首を使いすぎて痛めてしまうことが多いのです。

肘の外側には、たくさんの筋肉がくっついています。

・長橈側手根伸筋

・短橈側手根伸筋

・指伸筋

・小指伸筋

・尺側手根伸筋

といった筋肉がついています。

これらはまとめて伸筋群と呼ばれ、主に手首を反らす動きをする時に使う筋肉です。

テニス肘はこの手首を反らすというところがポイントになります。

テニスでバックハンドでよく打つと、この伸筋群を使いその付着している外側上顆が引っ張られ炎症が起こります。

何回も何回も繰り返し使うことにより筋肉に疲労がたまり、筋肉が硬くなり、外側上顆が引っ張られている状態になります。

にしじま整骨院での「テニス肘」施術は?

プロスポーツ選手も使用している電気施術を施します。

ES-5000という最新の電気治療器を用いて、ハイボルテージや立体動態波といった電気を、痛めている筋肉に流していきます。

効果は

・痛みの抑制

・筋肉の緊張緩和

次に超音波治療器です。その中でもLIPUS(ライプス)といった超音波を流していきます。

効果は

・軟部組織の治癒促進

・骨膜の炎症抑制

・軟骨再生

などの効果が期待できます。ですのでテニス肘のような症状にも使用していきます。

また、テニス肘の症状は手首や筋肉の固さ、使い過ぎだけではなく、肩甲骨の動きや背骨の動きも関係してきます。

にしじま整骨院では自費施術ではありますが、肘だけを見るのではなく全体のバランスもチェックして、施術のご提案をさせていただいております。

テニス肘でお困りの方は一度にしじま整骨院へご相談ください。

ネットからのご予約はこちらをタップ!24時間いつでもご予約可能!

お電話からのご予約はこちら

072-974-0335

 

羽曳野市 島泉 にしじま整骨院

 

 

アーカイブ
カテゴリー
予約 にしじま整骨院ブログ よくある質問 お問い合わせ 交通事故治療 にしじま整骨院LINE
 
 

施術案内

各種保険取扱、交通事故(自賠責)、労災、自費施術

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)、
交通事故施術、スポーツ外傷など

受付時間
  9:00~13:00
15:00~20:00
土曜日、祝日は8:00~14:00まで

休診日:水曜日午後、日曜日、臨時休診あり

072-974-0335

アクセス

〒583-0881 大阪府羽曳野市島泉9-23-10

近鉄南大阪線 高鷲駅から徒歩10分、
大和高田沿い、mandai羽曳野店斜め前
駐車場4台あり