にしじま整骨院ブログ
 

子供の肘脱臼(肘内障)

  • 2018年10月09日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは。10月に入りだいぶ秋らしくなってきましたね(^^♪
羽曳野市 島泉のにしじま整骨院です。

今回は子供の肘脱臼(肘内についてお話をしようと思います。

肘内障とは?

俗にいう「肘が抜けた」状態の事です。

肘内障の原因?

・親が子供と手をつないで歩いているときなどに、子供が転びそうになってとっさに腕を引っ張た時、子供が急に泣き出して手を動かさなくなった。

・寝ているとき、寝返りをした際に腕が体の下敷きになってそのまま腕が引っ張られて肘が抜ける

といった原因が多いです。

肘内障が起こりやすい年齢

1歳~3歳、稀に5歳ぐらいでも起こることがある。

肘内障になった時の子供の状態

・突然泣き出す

・泣き止んでも痛めた肘を使おうとしない

・万歳ができない

などの症状が特徴です。腕はマヒしたような状態にだらりと垂れ、内側に向いたようになります。亜脱臼した関節が自然に元に戻ることが稀にあるようですが、多くは治らないので、関節をもとに戻す施術(整復)を施します。

正常に行えば一瞬に、ポコッと音がして正常な位置に戻ります。

しばらくすると、お子様は落ち着きを取り戻し肘を曲げたり、バンザイが出来るようになります。

※注意しなければならないのが、友達と遊んでいて目を離しているすきに起こるとケガをした原因が分からないこともあります。そういったときは肘の周りの骨折や鎖骨の骨折なども考えられることもあります。

にしじま整骨院ではこのような事が起こっても、しっかりと検査をして、安全な整復をしていますので安心してご相談ください。

5~6歳くらいになると靭帯がしっかりしてきますので再発は起こりにくいですが、一度肘内障を起こしてしまうと繰り返してしまうことも多いので、治っても、お子様の手を強く引っ張らないよう注意したり、お子様が寝てて突然泣き出したりしたら、もしかしたら?と思い出してください。

お子様の手を引っ張って突然泣き出したり、腕を使わないような動作をしましたらいつでもにしじま整骨院へご相談ください。

お問い合わせは

072-974-0335

24時間緊急連絡先

050ー5436ー1784

 

 

 

 

アーカイブ
カテゴリー
予約 にしじま整骨院ブログ よくある質問 お問い合わせ 交通事故治療 にしじま整骨院LINE
 
 

施術案内

各種保険取扱、交通事故(自賠責)、労災、自費施術

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)、
交通事故施術、スポーツ外傷など

受付時間
  9:00~13:00
15:00~20:00
土曜日、祝日は8:00~14:00まで

休診日:水曜日午後、日曜日、臨時休診あり

072-974-0335

アクセス

〒583-0881 大阪府羽曳野市島泉9-23-10

近鉄南大阪線 高鷲駅から徒歩10分、
大和高田沿い、mandai羽曳野店斜め前
駐車場4台あり