にしじま整骨院ブログ
 

手首の骨折

  • 2018年10月16日
  • カテゴリー:未分類

こんにちは。羽曳野市 島泉のにしじま整骨院です。

今回は手首の骨折についてお話をしようと思います。

 

普段の生活の中で、骨折に遭遇することはなかなかないと思います。激しいスポーツをされている方は骨折をした経験は多いかと思いますが

人生の中でも普通に生活していれば1度あるかないかぐらいの出来事です。

骨折の中でも多い場所、手首の骨折のお話をしていこうと思います。

手首の骨折の正式名称は「橈骨遠位端部骨折」といいます。

手首の骨折でもいろいろな名称があります。

代表的なものが

・コーレス骨折

・スミス骨折

です。

手首の骨折で最も多い原因は

「転倒して手をついて骨折する」

がほとんどです。

骨折すると激痛に襲われ、手首はもちろん動かせませんし、手首を捻ることもままならない状態になります。

時間が経過するにつれて骨折したところが腫れていきます。

骨折を疑う症状としては?

①ビックリするぐらい痛い

②内出血が出ている

③ビックリするぐらいパンパンに腫れている

④時間が経っても痛みがほとんどとれない

⑤痛めた骨上に激痛が走る

上記の症状があれば骨折の疑いが強くなります。

特に⑤番の骨上に激痛が走ればかなりの確率で骨折の疑いが高くなります。

当院ではエコーも導入していますので、骨折の疑いがあれば不正画像がでますのでより鑑別がしやすくなります。

ただ我々は診断権がないため骨折と判断することができないため、骨折の疑いがあれば病院、または整形外科へ紹介状を書かせていただいております。

私は昨年、スキー場にある整骨院に勤務していました。そこはスキーやスノーボードでケガをされた方がひっきりなしに運ばれてくるところで

手首の骨折から足の骨折、鎖骨の骨折、肩の脱臼に肘の脱臼。いろいろな患者様が来院されました。

よくスキー場であったのは、「転倒して手つきました!捻挫っぽいので見てください」「転んで手をついて、ちょっと痛いのでシップもらえますか?」

といった具合にいらっしゃって、検査をしてみると、骨折疑いの症状が出ており病院の受診をすすめて、後でお聞きしたら

「先生。。。折れてました。。。」といったケースがすごく多かったです。

万が一手首の骨折を放っておくと手首の機能障害を起こしたりしてしまうので、どこの場所もそうですが早期に医療機関を受診することがとても大事になってきます。

普段の生活では中々起きることも少ないかもしれませんが、万が一転倒した際に手首をついた時は、捻挫だから大丈夫と自信で判断せず医療機関にかかりましょう。

※明らかに手首のところがグニャっと曲がっているのが分かります。

※このケースは一見何もないように見えますが↓

※二つある骨の右側の骨が、ぽっきり折れているわけではないですが薄く線が入っているのが分かります。

これは不全骨折といいます。この線が入っているだけでも、見た目はそんなに変わらないですが、患者様は激痛を訴えられていました。

 

にしじま整骨院でも、転倒して手をつき手首を痛めてしまった場合、適切な処置をしていきます。

エコーなどでしっかり患部を検査し、骨折の可能背がある場合は固定がとても大事になってきますのでしっかり固定をし患部を保護します。

また、骨折の施術は医師の同意があれば保険適応で施術が可能となります。

骨折の癒合を早める超音波施術があり、これは治癒期間を40%も早めてくれるというデータがあり少しでも早く回復する為の態勢を整えています。

※超音波治療器

 

万が一転倒して手首を痛めて上記の症状がある場合はにしじま整骨院にご相談ください。

 

お問い合わせは

072-974-0335

羽曳野市 島泉 にしじま整骨院

 

 

アーカイブ
カテゴリー
予約 交通事故治療 にしじま整骨院ブログ よくある質問 お問い合わせ にしじま整骨院LINE
 
 

施術案内

各種保険取扱、交通事故(自賠責)、労災、自費施術

対応可能な症状

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)、
交通事故施術、スポーツ外傷など

受付時間
  9:00~13:00
15:00~20:00
土曜日、祝日は8:00~14:00まで

休診日:水曜日午後、日曜日、臨時休診あり

072-974-0335

アクセス

〒583-0881 大阪府羽曳野市島泉9-23-10

近鉄南大阪線 高鷲駅から徒歩10分、
大和高田沿い、mandai羽曳野店斜め前
駐車場4台あり